2020.02.21

おいらせ町鶉久保「HOMA-SANCTUARYⅡ foresta」

完成

投稿日:2020/04/18

完成しました

N TOWNの4棟目が完成しました。黒い外装にアクセントで木目の外壁が映えるforesta(フォレスタ)です。フォレスタ(森)という名前を使っているとおり、内装でもいたるところで木材が使用されています。玄関を入ってまず大きなウッドパネルの壁がお出迎え。そしてリビングにも壁一面のウッドパネルにすっきりとした2枚板のテレビ台。キッチンには収納しても良し、飾り棚としも使えそうな大きな1枚板の棚。リビングの床は木目の綺麗な無垢の床材。あちらこちらの木目が気持ちを落ち着かせてくれます。まさに森にいて、深呼吸したくなるような空間です。


投稿日:2020/04/02

外壁貼りが終わりました

外壁貼りが終わりました。このforesta(フォレスタ)は、外装にアクセントで木材の外壁材が使用されています。この木材の外壁は常に雨風にさらされるわけですから、耐候性を良くするため、木材保護塗料を塗っています。その塗料が木材の内部に浸透し、内部から防腐・防カビ・防虫効果を発揮し、長期間木材を保護します。また、日光や風雨に強い耐候性顔料の効果で鮮明な色が長持ちし、綺麗な木目を長く維持します。その周りは黒い金属の外壁です。黒の外壁に木の目の美しい木材の外壁が良く映えます。

投稿日:2020/03/12

屋根工事が終わりました

建方が終わり、屋根工事が終わりました。採用している屋根材はガルバリウム鋼板という金属板で、錆びに強く、腐食しにくいのが特徴です。常に雨風にさらされて、直射日光を受け続けている屋根ですから、耐久性が高くなければなりません。その他にも遮熱性能が良く、日射を効率的に反射し、屋根温度の上昇を抑えます。さらに屋根表面に親水性(水になじみやすい性質)を付与してますので、降雨時や清掃時に汚れが流れ落ちやすくなります。職人さんも慣れた手つきで屋根材を貼っていきます。気づくとあっという間に屋根が貼り終わってしまいます。いつも高いところでの作業お疲れ様です。


投稿日:2020/02/27

基礎工事が終わりました

基礎工事が終わりました。弊社で採用している基礎は耐圧盤式グリッドポスト基礎工法で、内部立上りの基礎梁に変わって、工場で作ったコンクリートブロックを設置しています。この工法では内部の仕切りが少なくなるため、床下の空気循環性とメンテナンス性が向上します。その結果、床下環境が良好となるため、住宅の耐久性が向上します。それ以外にも床下の給水・排水管の配管もしやすく、施工する側にも助かります。写真見ても分かるように、内部の仕切りが少ないため通風性が良さそうです。

投稿日:2020/02/05

着工しました

おいらせ町鶉久保分譲地の4棟目が着工しました。今回建築する「foresta(フォレスタ)」は黒い外観で、アクセントに木目の壁が映える人気のプランです。現場では基礎工事の終盤です。基礎の内部を仕切るためのグリッドポストというコンクリートのブロックを設置しています。このグリッドポストの基礎を採用してからはだいぶ基礎工事が早くなりました。少しでも短い工期で、早くお引渡しが出来るようになりました。グリッドポスト基礎の特徴をさらに詳しくはこちらへ【耐震性能:基礎】