「自社大工」

「高品質」を実現するためには、前提として、「大工は社員」である必要があります。
管理がしっかり行われる製造現場を実現するためには、教育された社員で、現場の責任者として任命した、大工の棟梁が中心となり品質を管理・確保します。これが最も安心できる形ではないでしょうか。

「現場にたくさんの笑顔を」

「現場」とは、工事現場のことだけではなく、なんらかのサービスを提供する機会全てのことです。
その「現場」に社員、お客様、協力業者、その他(近所の人、通りがかりの人も含みます)の方々のたくさんの笑顔があること。これを理想としています。

「高品質な技術力」

当社では、多くの大工を社員化し、技術の勉強会や、マナー研修会、資格取得の奨励等による教育を随時行っています。最も長い時間現地に滞在する大工の棟梁が、高い倫理観を持って自らの仕事の品質を管理しながらものつくりに臨み、他業者の仕事の品質も管理するということが、高い品質の確保には最も有効であると確信しています。

「高品質なマナー」

当社では、満足を感動に変えていくために、技術だけでなくマナーの品質向上にも取り組んでいかなければならないと考えています。職人さんといえども大人の社会人。
「人に迷惑をかけない」「あいさつをする」「現場をきれいにする」等の当たり前のことはもちろん、工事中は関連する人や隣人の方にも気持ちよく感じてもらえるよう接していかなければなりません。

「第三者による監査」

私たちは家づくりのプロフェッショナルとして、安定した高品質住宅をお届けする使命と製造責任があります。当然ながら、品質管理の確保・向上に積極的に取り組んでいます。第三者の住宅品質管理会社の監査を取り入れ、品質管理が自社で適正に実施されているかどうかを、監査項目書(チェックリスト)に基づき、第三者による厳しいチェックをしていただいています。
お客様とお約束した住宅性能を発揮し、しっかりとした価値ある品質をお届けします。

N.HOUSEのものづくりとは

私たちは、お客様に利益をもたらし喜んでいただくことが、
社員、ひいては全ての人の幸せにつながるものと確信して、
家造りに取り組んでいます。

「お客様に常に感動を与え続ける企業」を目指して、
高品質な技術力と高品質なマナーで、
ものづくりに取り組んでいきます。